mixiチェック

太陽礼拝…スムーズな力の移行がスムーズな動きを生み出す!

■2013/11/16 太陽礼拝…スムーズな力の移行がスムーズな動きを生み出す!
太陽礼拝…スムーズな力の移行がスムーズな動きを生み出す!
これまでシリーズで掲載してきた「太陽礼拝」について、今日は最後の締めくくりです。
だからと言ってそれで終わりということではなく、ここからスタートして更に自分の感覚に磨いていくために練習に励みたいと思います。

Tadasana(山のポーズ)…足裏を均等に押し当てて…“踏む”を感じる。

Urdhva Hastasana(立って両腕を伸ばしたポーズ)…“踏む”力で体(手の指先まで)を伸ばす。

Uttanasana (前屈)…“踏む”力で太腿を固定し上体を折りたたむ。

Ardha Uttanasana(中間まで起した前屈)…次のポーズに繋げるため、“踏む”力を手のひら(腕)で“押し上げる力”に移行する。

※ジャンプまたはステップを経て…

Chaturanga Dandasana(四点で支える板のポーズ)…
“押し上げる力”を維持したまま地面と平行に前後に伸びる。

Urdhvamukha Savanasana(上を向いた犬のポーズ)…
足の甲で地面を押さえ、“押し上げる力”を引き寄せる力として、体の伸びと胸の開きを感じる。

Adhomukha Savanasana(下を向いた犬のポーズ)…前のポーズで“手前に引いている力”の方向を“前方に押し出す力”に変えると腕は伸びたままで足指の付け根を支点に踵が地面に押し付けられる。(近づく)
※この時、手のひらの力を無駄なく踵を押し付ける力として伝えていれば、骨格は直線で繋がる。

※ジャンプまたはステップを経て…
(正面に帰るための準備として膝を曲げる場合でも伸ばした腕を緩めることはない。)

Ardha Uttanasana(中間まで起した前屈)…ここではまだ手のひら(腕)で体を起こしている。

Uttanasana (前屈)…“押し上げる力”を立ち上がるために必要な“踏む”力に切り替えることで太腿が固定され上体から力が抜ける。

Urdhva Hastasana(立って両腕を伸ばしたポーズ)…すでに“踏む”力に切り替わっているためスムーズに体が伸びる。

Tadasana(山のポーズ)…“踏む”力を維持したまま両手を胸に戻す。(あるいはSamasthithiに帰る)


このように言葉にしてみると、それぞれのポーズはその前にあるポーズにより動作を起こすための準備が出来上がっていることがわかります。
言い換えれば、ヴィンヤサヨガの場合、それぞれのポーズは次のポーズのためにある…ということができるのではないでしょうか。

動作に慣れてきてつい疎かにしてしまいがちな単純なポーズが実は次のポーズのための重要な動作を担っていると考えれば練習する際の意識が向上し、次第にポーズの質が高まることに繋がっていくと考えます。

私は、“ヴィンヤサヨガ”では、すべての動作が“名前の無いポーズ”と考えています。単にポーズとポーズを繋ぐだけの動作でも、その一瞬一瞬から気を抜くことなくがしっかりと軸を保って動ける体を目指して、これからも練習に励んでいきたいと思います。

ここに掲載している内容は当ヨガスタジオ「エナジーフロウ」の指導内容によるものです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ヨガスタジオ エナジーフロウ
http://www.energyflow.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横須賀市汐入町2-8-4YSKビル2F
TEL:046-876-6976
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/jfer
Twitter:http://p.tl/QxXR
mixi:http://p.tl/TqJV
アメブロ:http://p.tl/7vli
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ページトップへ